2017
06/11
日曜日
いらないエアガン等を売り払ってしまおうと思い立ち社外品のパーツを取り外してノーマルに戻す作業をしていた際、この銃の大きめなスライドが「チャッカッ」と戻る音やハンマーが落ちる「カシッ」という音が(他のガスガンと比べても)結構大きくて面白いということに気付いた。
銃自体の重量もかなりあるし、撃った時のキックも強い。マルイオリジナルの刻印さえ気にしなければ外観もなかなか格好良いと思う。フレームの半分ほどが金属製というのもガスガンでは珍しい。
気になる点といえばスライドストップノッチの削れ対策がおこなわれてない事ぐらい。

思えば初めて買ったガスガンがこれだった。
最近は全く触ってもいなかったのだが、マルイのガバメント系の中でも見た目的にも動作的にも優れた銃なのではないかと思う。
という訳で売るのはやめた。


[東京マルイ]ハイキャパ5.1








 
comment 0 trackback 0
2017
06/11
日曜日
ガスガンやモデルガンでしか触った事のない私からするとグロックは
「ポリマーフレーム普及の立役者」「飾り気のない実用性重視の銃」
といった良いイメージだったのだけど、実際に使っている人からするとそこまで単純なものではないようです。





 
comment 0 trackback 0
2017
06/11
日曜日
ブローバック作動方式とは、燃焼ガスの圧力で後退する薬莢の運動を利用した、自動装填式銃器の作動方式の一形態である。
ブローバック作動方式は遊底を機械的に閉鎖する機構を持たず、薬莢の後退によって直接遊底を動かす方式であり、この点がショートリコイル等の他の作動方式との根本的な相違点である。


自動式拳銃を模した遊戯銃において、火薬や圧縮ガスの力で遊底が後退する機構を持つものはモデルガンとエアソフトガンの一部のブローバックガスガンが主である。
これらの遊戯銃では、スライドが後退する作動を“ブローバック”と一律に表記しており、モデルとした実銃がブローバック方式ではなくショートリコイル方式を採用していても“ブローバック”という用語を使用することが多く、混同の元となっている。
「ショートリコイル式ブローバック」という表記は日本の遊戯銃における独特のもので、実銃のブローバック方式と各種反動利用方式は作動原理の異なるものであるため注意が必要である。


ブローバック - Wikipedia より抜粋
 
comment 0 trackback 0
2017
06/07
水曜日
ファマスにMP5。M12にG36?
フランスの警察(?)もいろんな銃を使ってるんですね・・・

「めざましテレビ」でのフランスの警察官
「めざましテレビ」でのフランスの警察官
「めざましテレビ」でのフランスの警察官
「めざましテレビ」でのフランスの警察官


テロリズム - Wikipedia

テロリズムとは、政治的目的を達成するために暗殺・暴行・破壊活動などの手段を行使すること。またそれを認める傾向や主張。テロリズムの実施者をテロリストと呼ぶ。


 
comment 0 trackback 0
2017
05/27
土曜日
バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
「VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」のバッファーリングだけがグレーで目立つので「バーチウッド スーパーブルー」を使って黒染めしてみた。
磁石にくっつくので鉄製だろうと思われる。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
サンドペーパーで磨いて台所用洗剤で洗浄。
皮脂がつかないようにするためと、薬品が手にかからないようにするために手袋をした方が良いとのこと。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
バーチウッド スーパーブルーの原液を別容器に移して水で薄めて使うのが正しいやり方のようだ。
濃度によって染まり具合が違ってくるそうなのだが、よく分からないのでとりあえず5倍程度に薄めて使う。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
液に漬けるとすぐに墨のように真っ黒に染まる。が、取り出して水洗いしてティッシュで拭くとそのほとんどは取れてしまい、その下の素材は若干黒っぽくなったかな? という程度。
何度かそれを繰り返すと段々素材自体が黒く染まってきたものの、所々色の違いがでてムラになってしまった。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
シリコンオイルを吹いてティッシュで拭いた後がこれ。
肉眼では(少し色ムラはあるものの)そこそこ上手くできたかな? という感じだったが、アップで見ると茶色くサビたような色になっているのが分かる。
この後もう一度洗って液に漬けてみたが大して変わらず。もう一度表面を削ってやり直す事もできるがどうしたものか・・・

           ↓

ガンブルーペンで補修
補修用に持っていたキャロムショットの「ガンブルーペン」を全体に塗る → 拭く を2回おこなったところ、茶色かった部分がかなり黒くなった。
これはひょっとするとスーパーブルー液を薄め過ぎたせいでうまく染まっていなかっただけかもしれない。


[6月3日追記]
やり方にもよるのだろうが、黒染めだとムラがでやすいし部分的にサビのような色になってしまう。
また実際に組んでみると、周りの部品が黒色ばかりなので青さが目立つ。
今回のような状況ならスプレーで黒塗装してしまった方が簡単なのではないかと思う。






 
comment 0 trackback 0
back-to-top