2010
01/08
金曜日
一応終了。

結局最後はファングとヴァニラがラグナロクの力を使って全部解決。
ルシは絶望するとシ骸になるが、希望を取り戻せれば人間の姿に戻れるということ?

ライトニング達はさかんに 「コクーンを守る」 と言ってるが、コクーンの動力源であるファルシ=オーファンを破壊した後どうやってコクーンを維持させるつもりだったのかが劇中では全く(少なくとも現時点では)描かれないため、どうしても御都合主義という感が否めない。
最後に出てきたのがバルトアンデルスに操られていないただのオーファンなら、戦わずに(襲いかかってきたとしても)逃げてしまえばコクーンもそのまま維持できてOKだったのではないだろうか、と思えてしまう。
ライトニングはオーファンに対して 「お前は世界に絶望して、死によってこの世界から逃れようとしているだけだ」 みたいな事を言うが、神を喚び出すために死ぬ事をオーファン自身(とコクーンに関わるファルシ全て)は望んでいたのだろうか? 自分が死んだら神が来たって意味が無いような気がするけど。世界全体が救われるためなら自分が犠牲になってもかまわない? コクーンを維持するために創られたファルシだから、コクーン無しに存在するという考え自体が無い? よく分からない。
コクーン自体が最初から 「神への道を開く為の生贄としての人間を養殖するための装置」 なのなら、それを管理するために創られた(?、誰に?)オーファンには人間がある程度増えた時点で機能停止する(というか、中の人間達を全滅させる)仕組みがあってもよさそうなものだけれど。
結局のところ、バルトアンデルスの言う 「神」 がどんなものなのかとか、誰がどんな目的でファルシを創ったのか(神だけではなくファルシがファルシを創るという状況もありえる?)とか根本的な事が見えてこない。


最後、使命を果たした(?)ファングとヴァニラはクリスタルとなるが、個人的には他のメンバーもクリスタルのままでも良かったんじゃないかと思う。
シ骸になっても復活しクリスタルになっても復活しじゃ虫が良すぎるというのもあるし
『命からがら逃げてきたわずかな市民達が、意味も分からずクリスタルとなった主人公達を見つめている。やがて時は流れ、グラン=パルスに危機が訪れた時再び目覚める… 』
みたいなのでも良かったかなと。



 
スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/1033-0c557e45
トラックバック
コメント
いつも美麗画像を拝見させてもらってますが、
まだクリアしてないのに、いきなりFFのネタばれが来てびびりました(涙)
Dong | 2010.01.20 12:47 | 編集
あらー… すいません。

これを書いてる時点でエンディングの(というか物語全体の)訳の分からなさが既にあちこちで話題になった後だったので、「私などだいぶ遅れてクリアした方だ」 という認識でした。
Takeshi | 2010.01.20 15:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top