2015
05/02
土曜日
BenQ 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイGW2765HT
BenQ 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイGW2765HT



まず箱から出してみると台座部分に1~2cmほどの傷が3つ・・・
まあ黒マジックでも塗っておけば目立たないだろうからそれはよしとして、説明書には台座の組み立てと配線の接続しか書いてない。詳しい設定等に関しては付属のCDに入っている方の説明書を読んでくれという事らしい。

見たところドット欠けは無い様子。箱出しだと輝度が最高(100)に設定されていて眩しいので、とりあえず30まで落とした。
今まで使っていた「1920×1080ドット:24インチ」から「2560×1440ドット:27インチ」に拡大。
1920×1080を超えるディスプレイとの接続では「DisplayPort」端子を使うのが現在の主流らしく、D-sub・HDMI・DiplayPort用のケーブルは付属しているがDVI用のケーブルは付いてこない。
ただしDVI-DLの端子自体はあるので、別途ケーブルを用意してやれば利用できる。


BenQ 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイGW2765HT
このブログを全画面で見てみるとこんな感じ。スカスカ。


BenQ 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイGW2765HT
1920×1080の画像を表示してもこんな感じ。


BenQ 27型 2560x1440(WQHD) 液晶ディスプレイGW2765HT
フルHDの動画を100%表示してもこれだけ余る。


キャプ画像を加工したり大きな画像を扱う際に役に立ちそう。
このサイズとしては安い方だし、高さ・角度調節もあるし見た目も悪くはない。


[2016年2月27日追記]
「1920×1080」→「2560×1440」→「3840×2160」と使ってきて感じた事だが、よく言われる「ディスプレイの解像度が上がるとデスクトップを広く使えて便利」というのは正しくない。
PC用として使う場合「ある程度の文字の大きさ」が必要となる。
ディスプレイの大きさ(○○インチ)が同じで解像度だけが上がった場合、読みやすい文字の大きさまで拡大しなければいけないので、結局使い勝手は前と変わらないという事になる。
ただその場合前と何が違うかといえば、解像度が上がった分文字がより綺麗でなめらかに表示されるようになる。

本当にデスクトップを広く使いたいと思ったら、解像度を上げるだけでなくディスプレイのサイズ自体を大きくしなければならない。





スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3126-dee8724b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top