2015
11/23
月曜日
レミントンのM870ショットガンの銃身を短く切り詰めた(ソードオフ)タイプをモデルとして、そこにM4タイプのストックとグリップを取り付けたのがこの製品。

[マルゼン]CA870 チャージャー
全長はストックを縮めた状態で約670mm。最大まで伸ばして約770mm。そんなに長くなく扱いやすいサイズ。
照準器としてサイトロンのSD-33を純正のハイマウントリングで取付。ただCA870のレール上面の凹の間隔がちょっと狭いらしく、マウントリングを固定する為にはヤスリでレールを少し削ってやる必要があった。

[マルゼン]CA870 チャージャー
フォアグリップは大きい上に凹凸があって持ちやすく、グリップとストックでガッチリ銃を固定できる為コッキングはかなり楽。

[マルゼン]CA870 チャージャー
外装はほとんど樹脂製でパーティングラインも丸出しだが、グラスファイバーの入ったグレー部分と入っていない黒部分の組み合わせがなかなか渋い感じで悪くない。
造りもしっかりしていて、プラスチック全開な見た目の割に意外なほど重みがある。



この銃ってショットガンみたいな顔してるけど、実際には ポンプアクションで給弾するライフル。
そう考えるとボックスマガジンでも何の問題も無いし、こんな風にM4みたいなストック付けてたらなおさら。

「サイトを用意しなきゃいけない」という面倒はあるものの、おそらく現状最高レベルで使いやすいエアコッキングガンだろうと思う。
VSR-10のボルトアクションも良かったが、「ジャッカッ!」とフォアグリップを動かすポンプアクションも面白い(&使いやすい)のでエアコッキング好きは触ってみるべき。









スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3305-cd1457f9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top