2015
12/07
月曜日
ちょっと前にCA870のチャージャーを買ったのだが、やはりスタンダードな曲銃床のものが欲しくなりこちらも購入。だって安いし(実売10,000円ほど)。
M4タイプのストック(直銃床)に比べるとこちらの方が頬付けした際により視点を低くできて狙いやすい(はず)。
というかこういうストックの形状って美しいと思う。このタイプのストックの銃では他にマルイのVSR-10を持っているが、もっと短くて気軽に使える銃が欲しかった。

[マルゼン]CA870 ストック

バレルは切り詰めているのにストックがフルサイズというある意味妙なスタイルだが、MGS5にも同じ様な銃が登場しているのでそれほど変でもないのだろう。

[PS4]メタルギアソリッドV:ファントムペイン




ねじ比較
まずG&Pの「M870レシーバーレイル(ショート)」を取付。
これは銃本体(レシーバー)にもともとあるネジ穴とピン穴を利用して固定するのだが、銃に使われているネジとレールに付属しているネジではピッチが違っている。
左がレール付属のネジ。右が銃で使われているネジ。

皿タッピングねじ 3×15mm
近くのホームセンターで3mmの皿タッピングネジを購入。上手い具合に黒い物があった。
このままでは少し長いので3mmほどペンチで切り落として使用。

[マルゼン]CA870 ストック
六角穴なら良かったのだが、「六角穴付3mm皿タッピングネジ」などという物はその店に置いてなかった。
まあそんな細かいことをごちゃごちゃ言うような銃でもないだろう。

[マルゼン]CA870 ストック
レールは後ろ側(ネジで固定されている側)はレシーバーから少し浮いており(上の画像参照)、先端部で僅かに触れるという状態。光学サイトを載せてグラグラするなどという事はなさそう。
レール自体はバリなども無く綺麗に仕上がっており、レシーバーからピンを抜くためのピンポンチさえあれば取付は難しくない。

[マルゼン]CA870 ストック
同じくG&P製の「CA870用ショートマガジン」に交換。これでかなりショットガンらしくなる。
純正マガジンに比べると取り外しの際にちょっと手間取るが、引っかかって取れないとか勝手に落ちてくるとかそんな事はなかった。



マガジンに関しては見た目カスタムなのでお好みで というところだが、レールの方は「ちゃんと的を狙って撃ちたい人」にとってはほぼ必須のアイテムだろう。
その点この製品は「銃自体を分解せずに取り付けられる」というお手軽さが良いと思う。
後付けでレールを付けるのが前提ならもうチャージャー(最初から短いレールが付いている)にこだわる必要はないので、各自好きなタイプを選んだら良い。




スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3315-9d5d49f9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top