--
--/--
--曜日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12/31
木曜日
SapphireのRadeon R9 NANOを購入。

Sapphire R9 NANO 4G HBM PCI-E HDMI/TRIPLEDP グラフィックスボード VD5842 SA-R9NANO-4GAMD/21249-00-40G

GIGABYTEのRadeon R9 285から載せ替えたところ
 ・DisplayPortから映像が出力されない
 ・スリープが使えない
という問題が発生。

ドライバを一旦アンインストールし最新のものを入れ直してみても変化なし。
UEFIも最新版。

似たような例を探してみると「グラフィックボードがUEFIに対応してないのでBIOSモードに切り替えればOK」という解決法を発見。
いや今年発売の製品なのに対応してないって事はないだろう・・・と思いつつ、GPU-Zで確認してみる。

GPU-Z [Sapphire]Radeon R9 NANO

[UEFI] の欄が空白になっている。つまりUEFIに対応してないのか?
グラフィックボード側面のVBIOS切り替えスイッチとやらをいじってみても変化なし。
UEFIとBIOSについて、EPSONのMR7200(現状 Windows10 Home 64bit)のマニュアルを見るとこのように書いてある。

EPSON MR7200マニュアル UEFI設定

早速書いてある通りに [Secure Boot] と [UEFI Boot] を [Disabled](無効)にしてみたが、今度はメーカーロゴの後に

Reboot and Select proper Boot device
or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key


(再起動して適切なブートデバイスを選択してください)
(または選択したブートデバイスにブートメディアを挿入し、キーを押してください)


と表示されるだけでそこから進まなくなってしまった。どうやらブートドライブを見失っているようで、OSの入ったドライブを1番に設定してやっても駄目。

このPCはBIOSモードとやらでは起動しないのか。
これはひょっとして「UEFI対応」と書いてあるグラフィックボードしか使えないのではないか・・・

そんな嫌な予感が頭をよぎったが、色々設定を試しているうちに
[UEFI Boot] は [Enabled] のまま、[Secure Boot] だけ [Disabled] にする とWindowsが起ち上がる事に気付く。
しかも最初の問題「DisplayPortから映像が出力されない」「スリープが使えない」も解消されている。
OFFにするのはSecure Bootだけでよかったのだ。


という訳で一応NANOが使えるようになった。
UEFIとBIOSの切り替えが今一つよく分からないし他の機種でも同じように動作するか分からないが、将来また同じような目にあった時の為に記録しておこうと思う。


ffxiv-heavensward-bench [Sapphire]Radeon R9 NANO

負荷がかかると「ジーー」というセミの鳴き声を小さくしたような音が鳴る。
コイル鳴きと呼ばれる現象のようだが、そこまで気になるというほどでもなかった。


あと、動作確認の為に最新の「Radeon Software Crimson Edition 15.12」ドライバをちょっと使ってみたのだけど、動画再生用途では使いものにならないと感じた。

Radeon Software Crimson Edition

[ビデオ]-[カスタム]-[カスタム鮮明度] の設定が [オフ] だと高画質化なし。
これを [低] にするとCatalystで言うところの [縁拡張] が効いている状態になり、ノイズを塗り潰しすぎて油絵みたいな画になる。
縁拡張だけを切る方法がないので、高画質化を全く使わないか、効き過ぎて変になるかの2択になってしまっている。



[2016年1月12日追記]
アスクのサポートに問い合わせると「初期不良の可能性が高い」という返事。
Amazonは即座に代替品を用意してくれたが、交換してみても状況は変わらず。というかこれで正常なんだろう。
この製品がUEFIに対応してないのは仕様であり、対応したBIOSを公開する予定もないとのこと。


[1月30日追記]
結局GIGABYTEのR9 285に戻した。
原因ははっきりしないが、NANOに変えてから「Chrome上でYouTubeの動画を見た際に映像が乱れる」という現象が何度か発生したため。
ブラウザ設定のハードウェアアクセラレーションはOFF。ドライバはcatalyst-15.11.1beta-64bit-win10。

GIGABYTEのR9 285はUEFIに対応している。

GIGABYTE Radeon R9 285






スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3334-ab9c21d1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。