2016
02/20
土曜日

喉頭隆起(こうとうりゅうき)は、俗に喉仏(のどぼとけ)とも言い、喉の中間にある甲状軟骨の突起したところ。

火葬後の遺骨で「喉仏の骨が残っている」と言われることがあるが、実際には軟骨である甲状軟骨は火葬の温度には耐えられずに消失する。
座禅をする仏に見える骨は、喉頭隆起のあった位置とは無関係の、椎骨のひとつである第二頸椎である。


[第二頸椎]
第二頸椎


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3393-8cedaeae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top