2016
04/15
金曜日
側面は磨かれたヘアライン仕上げ。それ以外はザラッとしたブラスト仕上げ。
磨かれているとはいってもHW材そのものの色なので、メッキのような明るいシルバーではない。
「40周年記念モデルにしては地味じゃねえか・・・?」と最初は思ったが、今は「地味は地味なりに綺麗に良く出来ている」と思うようになった。

私はあまり撃たないので気が付かなかったが、WAのハンドガンは未だに固定ホップの物ばかり。実射性能なんて二の次だということか。


[WA]コルト M1911A1 <WA/40th アルティメット・コレクション>
[WA]コルト M1911A1 <WA/40th アルティメット・コレクション>
[WA]コルト M1911A1 <WA/40th アルティメット・コレクション>
[WA]コルト M1911A1 <WA/40th アルティメット・コレクション>
[WA]コルト M1911A1 <WA/40th アルティメット・コレクション>

(窓から入る外光のせいで青っぽく見えていますが、銃自体は青くありません)
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3431-1c0ec4be
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top