2016
12/30
金曜日
【Reduced Energy Recoil [PS4]】

MODの説明文をGoogle翻訳。

レーザーの照射と実体弾の発射によって発生する反動がほとんど同じというのはおかしいと思いませんか?
このMODでは全てのエネルギー兵器(レーザーライフル・インスティチュートライフル・レーザーマスケット・ガトリングレーザー、及びそれらのバリエーション)の反動が元の値の1%まで減少しています。
プラズマ兵器(イオン化したガスを発射する際の反動は実体弾のそれよりもはるかに小さいはず)の反動を元の値の10%まで減少させます。
その他の銃の反動は変わりません。


これによりツーショットレーザーライフルをフルオートで連射してもほとんど着弾がブレなくなる。プラズマライフルについても同様。
つまり、ツーショットフルオート銃を実戦投入できる日が来たのである。
エネルギー兵器に「サプレッサーを付けられない代わりに発射時の反動が極めて小さい」という地味ながらも理に適った特徴を付加する良MODなのではないだろうか。

[PS4]フォールアウト4 MOD「Reduced Energy Recoil [PS4]」


[追記]
実際に使ってみると、威力を最大にすると装弾数が(フルオートで)30発と少なめでしかも着弾点が光って敵がよく見えない。
ツーショットをフルオートで撃てるという事で威力は高いのだが、フルオート運用時の扱いやすさという点ではアサルトライフル(装弾数80発)を痛打やマイティで使ったほうが良いと思う。
装弾数が40発になってしまうが、ドットサイトが見やすいコンバットライフルでのフルオートもアリだと思う。


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3632-01728ef2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top