2017
05/14
日曜日
エアガン市場で「VLTORタイプレプリカ 7ポジションCNCストックパイプ」と「MAGPULタイプレプリカ CTR カービンストック」を購入。
早速取り付けてみる。

東京マルイのM4パトリオットHCを購入 & ストック取り付け
通常の取り付け方とは違い、まずロワーフレーム後端の突起部分に金具を取り付け、その上からストックパイプを被せて2本のネジで固定する。
この製品には “ストックパイプとロワーフレームの間に挟まないタイプ” のエンドプレートが付属するので、パトリオット向きだと思う。

東京マルイのM4パトリオットHCを購入 & ストック取り付け
ただし、そのストックパイプ固定用のネジ(イモネジではない)が内部に2~3mmほど飛び出して本体側の突起に当たってしまう。このままでは最後まで締められない。
パトリオットの場合当たっているのは1本だけなので、ネジを短く削るか、本体側に穴をあけるか、いっそのことこのネジを付けないかのどれかを選択することになる。
「東京マルイ従来型電動ガン向け」を謳っているこの製品だが、実際にはG&P等向けの製品のようだ。
ただでさえ短い本体側の突起を削るのは危険と判断し、リューターでネジを短く削る事にした。

東京マルイのM4パトリオットHCを購入 & ストック取り付け
取り付け完了。ピッタリとまではいかないが、ガタは小さい。
このストックパイプは一般的な物よりも長いようで、突き当たるまで縮めてもこの位置までしかいかず、7ポジションのうち最初の一つは使えない。

東京マルイのM4パトリオットHCを購入 & ストック取り付け
かくして普通のM4っぽくなってしまったパトリオット。
ただ普通のM4よりもレールの位置が高いので、T1タイプのドットサイトをローマウントで付けてもギリギリ使える。
フロントサイトをどうするか悩まなくてもよいし、バッテリー位置もそのままでよい。他のM4ではなくパトリオットを選ぶ意味があったのではないかと思う。



【銃本体について】
外装の大部分は樹脂製だが、そんなに安っぽい感じでもない。
というか、ちょっと離れて見れば金属に黒塗装の物とも区別つかないだろうからそれは良し。
「軽量化の為にあえて樹脂製にした」という大義名分があるので精神的にも問題無い。
個人的にバレルの短い銃が好き というのもあるが、フラットなトップレールや変わった形のハンドガードも良いと思う。

セミオートで引き金を引いた時の反応は、昔の電動ガンのような「ギュルパン」ではなく「ギュパン」ぐらいに短縮されている。
ちなみに次世代ではないがそれなりに音と振動はあります。
付属の190連マガジンはジャラジャラと音がする上にねじを巻くのが面倒なので、普通のショートマガジン(80連)に替えてしまう予定。


今回HK416Cではなくこちらを選んだ理由の一つとして「ストック取り付けをやってみたい」というのがあった。
どれがいいかとパーツを選ぶのも楽しい。パーツが豊富なのもM4系の魅力の一つだろうか。
ワイヤーストックにもちょっと興味があったが、画像を見る限りでは短くて使いづらそうに感じる。




東京マルイ M4パトリオットHC ハイサイクル電動ガン
東京マルイ M4パトリオットHC ハイサイクル電動ガン


 
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3722-4d0c0b43
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top