2017
05/20
土曜日
前回使った「VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」ではストックが最短まで縮まらなかったため、「G&P 5ポジションストックパイプ GP895」と交換してみた。


G&P 5ポジションストックパイプ GP895
アルミ製ということで非常に軽く、樹脂製なのではないかと勘違いするほど。
エンドプレートが付属するが、これはストック取付用の突起の短いパトリオットでは使用しない方が良いと思われる。

G&P 5ポジションストックパイプ GP895
ストックパイプがずれる(回転する)のを防ぐためと思われるイモネジが2箇所取り付けられている。

G&P 5ポジションストックパイプ GP895
下側にはエンドプレートの位置を決めるための切り欠きがある。これは「VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」と同じ。

G&P 5ポジションストックパイプ GP895
本体に固定するためのネジが長すぎる(実際に付けて壊れたら困るので試してないが)ので、首下30mmのM5トラスネジを別途用意した。
このネジを締めるために、細い部分が150mm程度あるプラスドライバーが必要。

G&P 5ポジションストックパイプ GP895
「MAGPULタイプレプリカ CTRストック」を付けるとかなりキツキツ。
パイプ部分ではなく、その下側の角張った部分の横幅がキツいようだ。これはシリコンオイルを注して何度か動かしているうちになんとか動かせるようになった。
ストックを上下に動かした時のガタは「VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」の時とほとんど変わらないが、動きが固い分ガタを感じにくくなっている。

G&P 5ポジションストックパイプ GP895
最大まで伸ばしてロワーフレーム後端からストック後端まで約270mm。
CTRストックの形状のせいか、5ポジションのうちの最短の1箇所は使えない。

ストックは最短まで縮める事ができたが、やはり動きが固いのが気になる。4ポジションでしか調整できないしパトリオットに使うならエンドプレートも別途用意しなければならない。
VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」はネジの加工が必要になるし最短まで縮まらないが、普通に6ポジションで使う事ができる。
ストックは気に入っているのであまりいじりたくないし、見える所は削りたくない となるとどっちにしたものか難しいね。





 
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3725-5c263d71
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top