2017
05/27
土曜日
バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
「VLTORタイプレプリカ 7ポジションストックパイプ」のバッファーリングだけがグレーで目立つので「バーチウッド スーパーブルー」を使って黒染めしてみた。
磁石にくっつくので鉄製だろうと思われる。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
サンドペーパーで磨いて台所用洗剤で洗浄。
皮脂がつかないようにするためと、薬品が手にかからないようにするために手袋をした方が良いとのこと。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
バーチウッド スーパーブルーの原液を別容器に移して水で薄めて使うのが正しいやり方のようだ。
濃度によって染まり具合が違ってくるそうなのだが、よく分からないのでとりあえず5倍程度に薄めて使う。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
液に漬けるとすぐに墨のように真っ黒に染まる。が、取り出して水洗いしてティッシュで拭くとそのほとんどは取れてしまい、その下の素材は若干黒っぽくなったかな? という程度。
何度かそれを繰り返すと段々素材自体が黒く染まってきたものの、所々色の違いがでてムラになってしまった。

バーチウッド スーパーブルーを使って黒染め
シリコンオイルを吹いてティッシュで拭いた後がこれ。
肉眼では(少し色ムラはあるものの)そこそこ上手くできたかな? という感じだったが、アップで見ると茶色くサビたような色になっているのが分かる。
この後もう一度洗って液に漬けてみたが大して変わらず。もう一度表面を削ってやり直す事もできるがどうしたものか・・・

           ↓

ガンブルーペンで補修
補修用に持っていたキャロムショットの「ガンブルーペン」を全体に塗る → 拭く を2回おこなったところ、茶色かった部分がかなり黒くなった。
これはひょっとするとスーパーブルー液を薄め過ぎたせいでうまく染まっていなかっただけかもしれない。


[6月3日追記]
やり方にもよるのだろうが、黒染めだとムラがでやすいし部分的にサビのような色になってしまう。
また実際に組んでみると、周りの部品が黒色ばかりなので青さが目立つ。
今回のような状況ならスプレーで黒塗装してしまった方が簡単なのではないかと思う。






 
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3727-c8f3f145
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top