--
--/--
--曜日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
06/25
日曜日
[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
先月発売された東京マルイ製ガスガン。新製品…というか既に販売されている製品の色違い版。
パッケージは渋めな雰囲気で悪くない。

[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
表面は多少ザラっとした感のある光沢を抑えたシルバー。
塗装だそうだがメッキに見えなくもない。

[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
アウターバレルや金属部品は光沢のあるシルバーで、グリップパネルやリアサイトは黒。
この辺の対比はなかなか美しい。

[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
パーティングラインは、トリガーガード内側・フレーム前端・ハンマーに残っている。
また、スライド上面のパーティングライン(目立たないようにエッジ部分にまわされている)がわずかにバリのように飛び出し、画像でも線状に光って見えている。

[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
スライドストップノッチ削れ対策済みなので安心して使える。
私の知る限りこれをやっているのは東京マルイとウエスタンアームズのみ。特に最近の東京マルイ製品では外から見えない部分で部品同士が噛み合うようになっていて、美観にも気を配っている。
今やガスガンを選ぶ際の重要な要素の一つとなっているので、他メーカーでも是非導入していただきたい。

[東京マルイ]デトニクス.45 コンバットマスター ステンレスモデル
グリップセイフティは(実銃でも)オミットされており動かない。
グリップがかなり短くなっているが、小指が半分から2/3ぐらいはかかるのでそこまで持ちづらいという事もない。


意外に、と言っては失礼だがなかなか綺麗に仕上がっている。黒と銀の組み合わせも個人的に好み。
1911系の「まっすぐ後ろに引く移動量の少ないトリガー」も良い。
「1911系が好き」「コンパクトな銃が好き」「シルバーの銃が好き」な人ならきっと気に入ると思う。

今回「1911系で何かないかな」ということで探してみてこの銃とウエスタンアームズの「V10ウルトラコンパクト」が候補に挙がったのだが、値段を見るとV10の方が3倍以上高い。
素材が違う等単純に比較できるものでもないのだろうが、似たようなシルバー塗装コンパクト1911な上にウエスタンアームズ社製品の仕上げがそこまで丁寧ではない事を考えると、「価格の差に見合うだけの品質の違いがあるのか?」と疑問を抱かずにはいられない。
まあ実際ウエスタンアームズ製品もいくつか持っているし、気に入ったのがあればそれはそれで買ってしまうのだろうけど。


[8/13追記]
このシルバーモデルが気に入ったのでブラックモデルも購入。バレル・トリガー・ハンマーはこれと同じくシルバーで、スライド・フレームがブラック。
スライド・フレーム表面はブラスト処理されており安っぽい感じはしない。また、シルバーモデルとは違いトリガーガード内側のパーティングラインも処理されている。
派手なシルバーモデルに対して、こちらは渋みの中に輝きがある感じ。
「マガジンキャッチボタンを押しながらでないとマガジンが入らない(5mmほど手前で止まる)」という現象が発生したが、一度ちょっと勢いをつけて叩き込んだところ問題無く入るようになった。特に目に見える部分に傷等は無いが、マガジンキャッチにバリでもあったのかもしれない。






 
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://takeshi1911.blog103.fc2.com/tb.php/3743-d1d6304e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。